西郷永世名人の名人戦出場辞退について

西郷直樹永世名人が第59期名人位決定戦の出場を辞退したため、挑戦者決定戦は行わず、東日本代表及び西日本代表で第59期名人位決定戦を行います。

西郷永世名人からのメッセージ

〜名人戦出場辞退にあたって〜

 平成11年に最年少で名人位に就いて以来、14年間にわたり名人を務めさせていただきましたが、来年1月に行われる第59期名人戦については出場を辞退することにしました。
 名人として“競技かるた”に向き合い、かるた道を究めようと努めてきましたが、特に近年の競技かるたの普及にともない、多くの若手選手が鎬を削る中、名人という立場を後進に譲ることで新たな競技かるたの可能性を開いてもらいたいと考え、名人戦から引退します。今後は、“競技かるた”のすばらしさをより広く知ってもらえるよう、指導や普及に力を尽くし、かるた界の発展に貢献したいと考えています。
 競技かるたの最高峰と呼ばれる名人戦、そして近江神宮という神聖な会場。最高の舞台で極度の緊張の中、50試合以上を戦いましたが、時には未熟さに奮起し、また時には自分自身の可能性に驚き、周囲の応援の有り難さも含めて様々なことに気づかされました。1試合、1枚ごとに成長を感じられる、そんな時間でした。
 その経験を、より多くの人たちに今までとは違った立場で伝えることができればと考えています。対戦者、審判、読手をはじめ、関わって下さった全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

西郷永世名人の名人戦対戦記録

平成11年(45期)望月仁弘(慶應かるた会)3-2
平成12年(46期)土田雅(福井渚会)3-0
平成13年(47期)鶴田究(鹿児島県かるた協会)3-0
平成14年(48期)望月仁弘(慶應かるた会)3-0
平成15年(49期)土田雅(福井渚会)3-0
―名人位を連続5期保持したため、最年少永世名人へ―
平成16年(50期)土田雅(福井渚会)3-0
平成17年(51期)土田雅(福井渚会)3-0
平成18年(52期)前田秀彦(府中白妙会)3-0
平成19年(53期)土田雅(福井渚会)3-0
平成20年(54期)三好輝明(福井渚会)3-1
平成21年(55期)岸田諭(篠山かるた協会)3-1
平成22年(56期)三好輝明(福井渚会)3-2
平成23年(57期)川崎文義(福井渚会)3-2
平成24年(58期)三好輝明(福井渚会)3-2

西郷永世名人の保持記録

名人戦連勝記録
27連勝(平成11年〜平成19年)

名人戦登場回数
14回(第2位)
※第1位は松川英夫永世名人(15回)

名人戦勝利数
42勝10敗
※第2位は正木一郎永世名人(38勝8敗)

名人戦勝率
0.808(第2位)
※第1位は正木一郎永世名人(0.826)

平成2年度全国小中学生かるた選手権大会小学6年生の部 優勝
平成3〜5年度全国小中学生かるた選手権大会中学生の部 3連覇
平成7〜8年度全国高等学校かるた選手権大会(個人戦)2連覇(高2,3)
平成9〜12年度全日本大学かるた選手権大会4連覇

※名人位を連続5期もしくは通算7期保持した者は永世の尊号を贈る対象となります。


2012-12-27