田村真子さん海外臓器移植費用募金協力のお願い

発起人            

杉並かるた会会長 横矢 美恵子

( 一 社 ) 全 日 本 か る た 協 会

かるた会会員で難病のため海外臓器移植手術が必要な人がいます。 ご支援ご協力をお願い申し上げます。

  患者名 田村真子  現在高校2年生(16歳)

      海老名しらさぎ会所属

  病名 「遺伝性肺動脈性肺高血圧症」 難病指定

  手術費用 約1億9千万円(スタンフォード大学にて手術予定)

  募金の振込先 口座名義 「マコチャンヲスクウカイ」

   ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)支店 普通預金 9870216

   きらぼし銀行 淵野辺支店(店番813)  普通預金 1257977

   みずほ銀行  新宿支店          普通預金 3008403

田村真子さんは百人一首の漫画で競技かるたに興味を持ち中学入学後かるた会に入会、土・日の練習に参加し充実した日を過ごしていました。大会参加を楽しみにしていた矢先学校の健康診断で病気が発覚、精密検査の結果「遺伝性肺動脈性高血圧症」という難病であることがわかりました。

主治医の許可が出て初めての大会では貴重な1勝を得ることが出来ましたが、その後は体調がよくなるまで練習を休むことになりました。

中学3年生の頃からは徐々に病状が悪化し入退院の繰り返しでしたが、高校1年生の6月頃から病状が悪化し現在は絶対安静を強いられている状態です。

2017年移植用の検査を受け、日本臓器移植ネットワークに登録しましたが、病気の進行が速いため海外移植に切り替えることになりました。

海外での移植は高額な費用がかかるため家族での負担には限界があり皆様のご厚意に委ねるしか方法はないと、平成30年12月8日「真子さんを支援する会」が発足、代表者の方から、かるた会へ募金協力の依頼がありました。

まだ16歳の真子さんは、病気が治ったら自分と同じように難病で苦しんでいる方の支えになりたい、自分と同じ病気である母親の車椅子を押してあげたい、大好きになった百人一首の和歌の勉強や出来れば競技かるたにも挑戦したいという強い思いを持っています。

真子さんの好きな和歌は以下の三首です。

「ながらへば」 「かぜそよぐ」 「かささぎの」

真子さんの希望を叶えてあげるため是非皆様方のご支援ご協力をお願い申し上げます。

田村真子さん海外臓器移植費用募金協力のお願い

2019-04-06